So-net無料ブログ作成
水路、暗渠、川を巡る ブログトップ
前の5件 | 次の5件

府中市・下河原緑道、二ヶ村緑道の落ち穂拾い [水路、暗渠、川を巡る]

これまでの暗渠散策
1)大泉堀
2-1)新川編・その1
2-2)新川編・その2
2-3)新川編・その3
3-1)井草川遊歩道編・その1
3-2)井草川遊歩道編・その2
4)石神井公園周辺の水路敷散策
5)中沢用水編
6)金塚桜広場~二ヶ村緑道散策
7)大泉堀の支流筋を歩く
8)小柳遊歩道からニケ村緑道を歩く
9)「ふれあいのこみち」「やすらぎのこみち」(田無用水)散策
10)田柄用水を歩く(1)
11)田柄用水を歩く(2)
12)田柄用水を歩く(3)
13)田柄用水を歩く(4)
14)中沢第二雨水幹線を辿り彷徨う。。。。。
15)田柄用水を歩く(5)

11/11(土)、仕事の打ち合わせで出かけたついでに
東京都府中市内の中途半端に終わってしまって歩き残しがあった
遊歩道を歩いてきました。

まずは鉄道跡の遊歩道、下河原緑道の東京競馬場支線。
01.jpg
下河原線本線と東京競馬場支線の分岐点。(地図B)
02.jpg
鉄道跡の遊歩道は水路跡の遊歩道に比べてやっぱり素直で綺麗ですね。(^^
鉄道跡という事で途中に電車ごっこの像。
03.jpg
JR南武線をくぐって府中街道にぶつかったところ(地図C)で
東京競馬場支線の散策終了。
短っ!!
今回は落ち穂拾いなのでサクサク行きます。(^^
ここから府中街道~脇道を南下。
04.jpg
郷土の森公園近くの金塚桜広場。(地図D)
ここから二ヶ村緑道の歩き残しを歩きます。
今度は水路跡巡りです。
05.jpg
公園内のこの水源から水路が2本伸びていて、
前回行かなかった方へ行ってみます。
06.jpg
公園の外に出てもしばらく草むらの中の流れですが
すぐに小洒落た水路に。
07.jpg
道路を渡ると水路は姿を消して二ヶ村緑道に。
しばらく歩くと以前歩いたルートと合流。(地図E)
08.jpg
合流地点に案内図があったのでこんな感じ。
黄色が以前歩いたルート、赤が今回歩いたルートです。
09.jpg
しばらく以前歩いたルートを歩いてお次の分岐ポイント。(地図F)
上流方向に歩いて南武線のガードをくぐり
多摩川河川敷にぶつかったところで終了。(地図G)
二ヶ村緑道は一応これで踏破ですが元になった二ヶ村用水は
縦横無尽に張り巡らされた用水路でどれが本流筋かも自分には理解不能で
とても手に負えないので二ヶ村用水関係はこれで終わりにしようと思います。

お次は郷土の森公園の周りをぐるっと回って・・・・・
10.jpg
下河原緑道本線筋の歩き残し。
以前はここから郷土の森博物館に行ってしまったのでこの先が未踏区間です。(地図H)
11.jpg
郷土の森博物館の裏手をしばらく歩き、博物館が終わるところで
遊歩道のジャンクション。
ここで第三都市遊歩道と別れます。
12.jpg
よくわからん像を眺めつつ先に進み、
13.jpg
多分ここが下河原緑道の南側の起点だと思う南町第三公園。(地図I)
案内図がイマイチはっきりしませんが恐らくここだろう、と。(^^;
公園内には下河原についての碑もあります。

とりあえずここまでで今回の目的は達成。
しかし、仕事の予定時間まで微妙に時間が余ってしまい。。。。。

14.jpg
(地図J)
予定にはなかったんですが、急遽駆け足で歩くことにしました。
はい、ラストは文字通りダッシュしました。(爆)



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(98)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

谷中川を歩く [水路、暗渠、川を巡る]

11/4(土)、大泉中央公園、和光樹林公園に行ったついでに
この辺から流れている谷中川を辿ってみることにしました。
谷中川は東京都練馬区北端から埼玉県和光市にかけて流れている
越戸川の支流です。
01.jpg
まずは大泉中央公園の隣にある大泉さくら運動公園内の池。(地図A)
以前公園が整備される前はこの辺りに流れの痕跡があったらしいですが
立派な池に様変わりし、特に流出口もなさそうなので
今は谷中川とは関係ない池のようです。
谷中川は元々ここよりもさらに上流があり、現在の大泉学園町の住宅街の方から
流れて来ていたようですが、宅地開発によってほとんど痕跡は残っていないようです。
02.jpg
で、前回散策した道路の反対側にある和光樹林公園。
ここの案内板にもちゃんと乗っている小川が現在の谷中川の源流のようです。
03.jpg
どこから流れてきているのか今では全く分からない公園内の最上流部。(地図B)
04.jpg
和光樹林公園の東端を流れて行き、
和光市総合体育館の駐車場下へ流れは消えていきます。
05.jpg
和光市総合体育館の反対側、この辺では地下に潜っている外環道の上の道の
和光樹林公園交差点のところで一度姿を現しますが
すぐに暗渠になり外環道の”上”を通って理化学研究所の方へ向かいます。
因みにこの4枚組の写真、行きは完全に見落として帰りに通って発見して
慌てて撮影したもの。
いや~ぁ、危なかった。(爆)
06.jpg
地下を通る外環道の上道を理研を右手に見ながら歩き理研の西門、
国道254号線、川越街道を右折して右手に理研の正門と
川越街道を挟んで本田技術研究所。(地図C)
谷中川は理研、ホンダの中を流れて北進しますが中に入ることができないので
確認のしようがありません。
ただ、地図で見ると理研の中にはそれっぽい流れは確認できます。
07.jpg
ぐるっと迂回してホンダが尽きたところで蓋暗渠として流れが復活。(地図D)
08.jpg
しばらく蓋暗渠のようですが
川越街道の旧道下流側は開渠になっていました。(地図E)
09.jpg
開渠になって谷中川通りなんていう通りに出て喜んだのも束の間、
すぐに流れは行方不明に。
多分東武東上線横にあるこの公園下を流れていると思いますが
それを確認するために谷中陸道というアンダーパスを通って
東武東上線の北側へ。
10.jpg
東武東上線の線路下から流れが出てきました。(地図F)
11.jpg
典型的な綺麗な三面護岸の都市河川で面白味は皆無の川ですが
何故か水は驚くほどきれい。
ふと、等々力渓谷の水もこのレベルなら渓谷名乗っても恥ずかしくないのに、
と思ってしまいましたが。。。。。
透明感はもちろん、都市河川特有の匂いも全くなく
なんでこんなにいい水なんだ??
所々お洒落な橋や休憩スペースがあって川の魅力UPに貢献しています。
12.jpg
まました橋広場のところで一旦暗渠になりますがすぐに復活。(地図G)
その後も住宅街の中を縫うように流れて行き
13.jpg
県道88号線上から下流側と上流側。(地図H)
そして柿ノ木坂児童公園。
小さいですが雰囲気たっぷりな公園でした。
14.jpg
流れに沿って行くと今回の散策で初めて目にした「一級河川・谷中川」の表示板。
そしてずっと地下を走っていて外に出てきた外環道が見えてきました。
15.jpg
外環道下の流れ、結構広い空間であまり橋っぽくないですが
この辺全体を地蔵橋と言っているようです。
そして地蔵橋の下流側、どういう訳か完全ブロックされていて
全く様子を窺うことができません。
16.jpg
迂回して次の橋、新倉ふれあい橋から上流の地蔵橋方向。(地図I)
ここで本流筋の越戸川と合流して今回の散策終了です。
17.jpg
橋から合流地点の水辺まで降りることができたのでそこから
越戸川の下流側(1)と上流側(2)、今歩いてきた谷中川の上流側(3)です。
そのうち本流筋の越戸川も歩いてみたいですね。
かなり長そうだけど。。。。。
で、帰りはバスを使うつもりだったんですが間が悪く
20分も待つくらいだったら歩いちゃおうか、というのが3回ほどあって
結局行きも帰りも全部歩きで4時間半ほどで26447歩の散策。
帰ってきたらふくらはぎがパンパン。
やっぱりずっとアスファルトの上を歩くのは応えますねぇ。
一晩経ってもまだ痛かったし。
あれは完全に筋肉痛でしたな。。。。。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(99)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

田柄用水を歩く(5) [水路、暗渠、川を巡る]

これまでの暗渠散策
1)大泉堀
2-1)新川編・その1
2-2)新川編・その2
2-3)新川編・その3
3-1)井草川遊歩道編・その1
3-2)井草川遊歩道編・その2
4)石神井公園周辺の水路敷散策
5)中沢用水編
6)金塚桜広場~二ヶ村緑道散策
7)大泉堀の支流筋を歩く
8)小柳遊歩道からニケ村緑道を歩く
9)「ふれあいのこみち」「やすらぎのこみち」(田無用水)散策
10)田柄用水を歩く(1)
11)田柄用水を歩く(2)
12)田柄用水を歩く(3)
13)田柄用水を歩く(4)
14)中沢第二雨水幹線を辿り彷徨う。。。。。

10/31(火)、病院に行ったついでに田柄用水散策の最後の部分を
歩き切ってしまうことに。
いよいよ田柄用水、完結編です。
01.jpg
前回の中断地点の歩道のラスト(写真①)と
道路を挟んで東側の光ヶ丘団地(写真②)(地図B)。
ここからしばらくは完全に流れの痕跡は無くなり
「こんなところ流れてたっぽいよぉ~」っていうお話です。
団地を通り過ぎて現在解体工事中の光が丘清掃工場(写真③)、
すぐお隣の練馬光が丘病院(写真④)辺りを
田柄用水は流れていたのではないのかなぁ、と。
で、とりあえず受診の為に病院で一時離脱。(^^
02.jpg
病院が終わってからさらに東進、これからが今回の散策本番です。
再び光ヶ丘団地の中を通って秋の陽公園へ。
田植え跡に新芽が沢山出ていてなかなかきれいでした。
秋の陽公園を出て目の前は田柄川跡の田柄川緑道。
こちらはまたそのうち歩こうかと思いますが田柄川と田柄用水は別物。
資料によっては同じ流れとして扱っているものも多数ありますが
田柄川は自然の河川、田柄用水はこの辺では田柄川と並行に流れる
一部枯川も利用した人工的な用水路です。
03.jpg
田柄用水は先ほどの田柄川緑道の1本北側の通りを流れていたようです。(地図C)
流れの痕跡は全くなく住宅街の中の通りを歩いて行きます。
04.jpg
田柄天祖神社。(地図D)
境内に水神宮の祠がありますがこれは田柄用水記念碑らしいです。
田柄用水ゆかりの地という事で寄り道です。
05.jpg
田柄愛宕神社。(地図E)
こちらにも水神宮の祠があり、
その昔、田柄用水から水を引いて池を作ったらしいです。
こちらも数少ないラスト区間の田柄用水ゆかりの地です。
06.jpg
神社2つの後はまた住宅街の中を歩きT字路に突き当たり。
道路は道幅を考えると右折が本線っぽいですが
田柄用水は一方通行の細い左折側の路地の方へ流れていたようです。
07.jpg
細い路地を曲がってすぐに右折。
しかし現在道路工事中で通行止め。
国道254号線、川越街道に出てみると放射35号線の工事中。
新大宮バイパスの延伸なのかな??
で、工事区間を迂回して路地の反対側を確認。
ここで川越街道を超えます。
08.jpg
新大宮バイパスとのT字路都心寄りの歩道橋を渡って
流れの続きを探しますが「??」。
歩道橋の上から見渡しても先程の路地の延長線上の道がなさげでウロウロと。
そうしたら茂みの陰に車も通れるちゃんとした路地発見。
危なかった、完全に見逃すところだった。。。。。
09.jpg
(地図F)
しばらく路地を歩くと東京聖徳病院裏に今回の散策で初めて
用水路跡っぽい歩道が。(写真①)
病院裏手を進んで行って(写真②)
東京聖徳病院の表側から(写真③)。
そして病院を過ぎてこの交差点(写真④)のどちらかに流れていたんでしょうが
これよりも下流側は昭和時代初期にはすでに埋められてしまったらしく
現在流れの痕跡をそれなりに辿ることができるのはどうやらここまでのようです。
という訳で田柄用水を辿る散策、全5回の今回で最終回となります。
長かったですねぇ。

田柄用水に興味がある方はこちらをどうぞ。↓
田柄用水 7つの謎 ~ねりまの文化財
今回の散策で大いに参考にさせていただきました。

今回田柄用水を歩いて楽しかったのはほぼ蓋暗渠だった1回目と
遊歩道として整備されている区間が多かった4回目ですね。
大部分は住宅街の中の散策であまり用水路巡りという趣ではありませんでしたが
全く痕跡がない所も色々調べながらそれなりに辿ることができたので
かなり満足度は高い散策でした。(^^




今回歩いたのは2枚目の地図の一番東側の光が丘公園近くのⒷ~Ⓕです。

10.jpg
最後に数10メートル離れて並行に流れている田柄川に作られた田柄川緑道に寄り道。
この緑道もそのうち歩くことになりますが、今回は案内板だけ。
珍しく大きめの画像でUPしたので興味がある方は別ウインドウで拡大してどうぞ。
田柄用水についても少しだけ書かれています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(95)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

中沢第二雨水幹線を辿り彷徨う。。。。。 [水路、暗渠、川を巡る]

これまでの暗渠散策
1)大泉堀
2-1)新川編・その1
2-2)新川編・その2
2-3)新川編・その3
3-1)井草川遊歩道編・その1
3-2)井草川遊歩道編・その2
4)石神井公園周辺の水路敷散策
5)中沢用水編
6)金塚桜広場~二ヶ村緑道散策
7)大泉堀の支流筋を歩く
8)小柳遊歩道からニケ村緑道を歩く
9)「ふれあいのこみち」「やすらぎのこみち」(田無用水)散策
10)田柄用水を歩く(1)
11)田柄用水を歩く(2)
12)田柄用水を歩く(3)
13)田柄用水を歩く(4)

暗渠歩き的にはまだ田柄用水を歩いている途中ですが
今回は10/25(水)、雨が降ったり止んだりの中、
野寺親水公園を水源として以前歩いた中沢用水に合流する
中沢用水の支流を巡り歩き彷徨ってきました。(爆)
この支流の正式名称がイマイチ定かではないのですが
歩いた後のウラ取りに色々調べたところ
「中沢第二雨水幹線」という呼称を使っているサイト様がいくつかあったので
とりあえずこれでいきたいと思います。
11.jpg
スタート地点の野寺親水公園内の池。(地図Ⓐ)
12.jpg
こちらは池に流入しているっぽい細い水路。
これがどこに続いているのか全く不明。。。。。
13.jpg
池からの流出口。
いきなり地下に潜ってしまいスタート早々流れの痕跡を探して彷徨う事に。
14.jpg
すぐ近くにこんなのがありましたが池から出ていた水量に比べると
「??」だし、流れを辿っていくと中沢用水本流に流れ込んでいるようで
これは違うっぽい。
ってことで住宅街の中を路地1本1本丁寧にチェックしていきます。
デジカメ片手に明らかに不審人物。。。。。(--;
15.jpg
で、ようやく写真左上のような何となくそれっぽい所を発見。(地図Ⓑ)
まだ確証がないままこの路地の延長線上に回り込むと
やっぱりそうなのか??的な用水跡っぽい裏道。
16.jpg
さらに住宅地の中を延長線上、延長線上、と回り込むと
ようやく確信が持てるような水路跡の様相に。
やっぱり今までのそれっぽい所は中沢第二雨水幹線でよかったようです。
17.jpg
上の写真下段2枚のところから北側を見ると中沢用水本流の暗渠が見えます。
2本の水路はほんの数10m離れているだけで並行して流れています。(地図Ⓒ)
18.jpg
しばらく歩くと産業道路。(地図Ⓓ)
ここを超えるとより水路っぽい雰囲気になってきて川幅も広くなります。
19.jpg
住宅街の中をうねうねと東進する水路。
突然行き止まりか?と回り込んで塀の向こう側から見てみると
90度左折してやっぱり行き止まり。(地図Ⓔ)
20.jpg
基本東に流れているのでそちらの方を探し回るとやっぱりありました。
それっぽい路地、裏道が。
しかしこの水路、場所によってすごく水路らしい雰囲気が残っていたり
ただの路地と化していたり、ずいぶん忙しい事です。(^^;
21.jpg
土嚢が積まれている明らかに水路っぽい所に出て、
土嚢が積んであるっていう事は台風が来たら溢れるんでしょうかね??
で、ここでまた行き止まり。(地図Ⓕ)
進行方向、東側は完全に住宅街でかなり丹念に探し回りましたが
流れの痕跡らしいものはこの先皆無。
どうやら流れはここで90度左折、北側に進路を変えて
数10m先に見える中沢用水本流に合流しているようです。
その中沢用水との合流ポイントと思しき所へ行ってみるとここを境に
上流側の流れは細く、下流側は倍くらいに広くなっています。
22.jpg
中沢第二雨水幹線は手前側から道路下を流れてきてこんな感じで
中沢用水本流と合流していると思われます。(地図Ⓖ)
以上、今回の雨中散策、終了です。

水路のルートではなく実際に歩いたと思われる(??)ルート。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(97)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

田柄用水を歩く(4) [水路、暗渠、川を巡る]

これまでの暗渠散策
1)大泉堀
2-1)新川編・その1
2-2)新川編・その2
2-3)新川編・その3
3-1)井草川遊歩道編・その1
3-2)井草川遊歩道編・その2
4)石神井公園周辺の水路敷散策
5)中沢用水編
6)金塚桜広場~二ヶ村緑道散策
7)大泉堀の支流筋を歩く
8)小柳遊歩道からニケ村緑道を歩く
9)「ふれあいのこみち」「やすらぎのこみち」(田無用水)散策
10)田柄用水を歩く(1)
11)田柄用水を歩く(2)
12)田柄用水を歩く(3)

昨日の朝、雨が降る中、田柄用水の暗渠散策の続きを歩いてきました。
前回は流れの痕跡がほとんどない区間でただの住宅街の中の散策と
化してしまいましたが、今回はちゃんと遊歩道として残っているところも多く
それなりに用水路跡歩きの雰囲気はあるかと思います。
01.jpg
スタート地点は前回の中断地点、
関越自動車道練馬IC、目白通り三軒寺交差点近く。
02.jpg
スタートからいきなりどうやら練馬区特有のものらしい!?
消えかかってはいますが青い「水路敷」のペイントがある遊歩道。
通りに出て右折すると目の前に練馬清掃工場。
03.jpg
練馬清掃工場のところを左折、少し歩くとすぐにまたペイントがある
クランク状に折れ曲がる遊歩道へ右折。
しばらく遊歩道を行くと通りに出てここを右折。
04.jpg
しばらく通りを歩くと歩道の様子が変わり一目で水路跡っぽい雰囲気の歩道に。
そしてすぐにまたペイント付きの遊歩道入口。
05.jpg
水路跡の遊歩道を歩いているとここに限らず
段差がついているところが散見されます。
水は低い所を流れるもの、
こんな段差一つだけでも水路跡歩きの楽しみの1つだったりします。(^^
06.jpg
通りを超えつつ遊歩道を進み、
07.jpg
土支田農業公園の一部になった感があるところに出て
少しだけ一般道の歩道と化しましたがすぐに遊歩道に戻り
08.jpg
土支田みどりの公園というちょっと小洒落た庭園風の
小さな公園があったので少し寄り道。
09.jpg
寄り道から復帰してすぐに通りに出て水路の痕跡ゼロに。
とりあえず①の方へ行くも空振り、②の方もそれっぽい所がなく
ウロウロしていると遊歩道発見、遡って行ってみると
どうやら③が正解だったという事実。(^^;
で、改めて③の方へ行って農園に突き当たり矢印のようにクランク状に曲がって
補助230号線、土支田地蔵北交差点近くの都営大江戸線延伸新駅予定地横。
10.jpg
補助230号線を渡ってしばらく一般道を歩き、しばらく行くと
右手名称不明な公園、左手豊渓小学校。
11.jpg
しばらく一般道の歩道だった水路跡はアポロ公園過ぎで右折、
再びペイント付きの遊歩道に。
12.jpg
なかなか変化に富んだ遊歩道を進むと笹目通りに突き当たり。
13.jpg
笹目通り側から今出てきた遊歩道、
出てきたところから右折してこれから渡る予定の歩道橋、
歩道橋上から今出てきた上流方向とこれから向かう光ヶ丘団地が見える下流方向。
14.jpg
歩道橋を下りて旭町児童遊園、区立旭町市民農園前を通って
15.jpg
途中水が枯れてしまっている遊水公園的な流れがあったり
如何にも水路跡っぽいくねくねカーブが多い道を進むと光ヶ丘団地。
田柄用水はこれより下流、今の光ヶ丘団地内を流れていましたが
団地造成の際に見事に痕跡が無くなってしまい
団地内に流れの痕跡を探すのは不可能らしいです。
という訳で今回はここまで、次回は団地を抜けて
痕跡が確認できるところまでワープして再開しようかと思います。
16.jpg
団地入口から今歩いてきた通りの出口部分。
恐らく次回で田柄用水踏破できるかなぁ、という予定です。
ただこの後は本当に大変そう。
田柄用水と並行に流れる田柄川というのがあって、
その田柄川から無数に枝葉に分かれる支流があって
正確に田柄用水を辿ることができるかどうか非常に不安。
次回はちゃんと下調べして歩こう。
次は月末かなぁ。。。。。
月末にこっちの方で用があるのでついでに歩こうかと思います。



「この地図にはレイヤが多すぎるためどうたらこうたら」で
今までの地図に書きこめなくなったので2枚目の地図突入です。
今回歩いたルートは2枚目の地図です。
18.jpg
今回の地図の空白部分、土支田農業公園付近に遊歩道があるんですが
地図には表示されず、赤線が補完部分です。

17.jpg
昨日はこの後ちょっと寄り道をしたりして11134歩の歩き。
さすがに帰りはバスを使いましたが
雨降りの中、何やってるんだろうね、この人は。(爆)
まあ、雨の日の方が人が少なく街中で写真撮りまくっても
怪しまれないので助かりますが。(^^

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(96)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | 次の5件 水路、暗渠、川を巡る ブログトップ
メッセージを送る