So-net無料ブログ作成
水路、暗渠を巡る ブログトップ
前の5件 | -

田柄用水を歩く(4) [水路、暗渠を巡る]

これまでの暗渠散策
1)大泉堀
2-1)新川編・その1
2-2)新川編・その2
2-3)新川編・その3
3-1)井草川遊歩道編・その1
3-2)井草川遊歩道編・その2
4)石神井公園周辺の水路敷散策
5)中沢用水編
6)金塚桜広場~二ヶ村緑道散策
7)大泉堀の支流筋を歩く
8)小柳遊歩道からニケ村緑道を歩く
9)「ふれあいのこみち」「やすらぎのこみち」(田無用水)散策
10)田柄用水を歩く(1)
11)田柄用水を歩く(2)
12)田柄用水を歩く(3)

昨日の朝、雨が降る中、田柄用水の暗渠散策の続きを歩いてきました。
前回は流れの痕跡がほとんどない区間でただの住宅街の中の散策と
化してしまいましたが、今回はちゃんと遊歩道として残っているところも多く
それなりに用水路跡歩きの雰囲気はあるかと思います。
01.jpg
スタート地点は前回の中断地点、
関越自動車道練馬IC、目白通り三軒寺交差点近く。
02.jpg
スタートからいきなりどうやら練馬区特有のものらしい!?
消えかかってはいますが青い「水路敷」のペイントがある遊歩道。
通りに出て右折すると目の前に練馬清掃工場。
03.jpg
練馬清掃工場のところを左折、少し歩くとすぐにまたペイントがある
クランク状に折れ曲がる遊歩道へ右折。
しばらく遊歩道を行くと通りに出てここを右折。
04.jpg
しばらく通りを歩くと歩道の様子が変わり一目で水路跡っぽい雰囲気の歩道に。
そしてすぐにまたペイント付きの遊歩道入口。
05.jpg
水路跡の遊歩道を歩いているとここに限らず
段差がついているところが散見されます。
水は低い所を流れるもの、
こんな段差一つだけでも水路跡歩きの楽しみの1つだったりします。(^^
06.jpg
通りを超えつつ遊歩道を進み、
07.jpg
土支田農業公園の一部になった感があるところに出て
少しだけ一般道の歩道と化しましたがすぐに遊歩道に戻り
08.jpg
土支田みどりの公園というちょっと小洒落た庭園風の
小さな公園があったので少し寄り道。
09.jpg
寄り道から復帰してすぐに通りに出て水路の痕跡ゼロに。
とりあえず①の方へ行くも空振り、②の方もそれっぽい所がなく
ウロウロしていると遊歩道発見、遡って行ってみると
どうやら③が正解だったという事実。(^^;
で、改めて③の方へ行って農園に突き当たり矢印のようにクランク状に曲がって
補助230号線、土支田地蔵北交差点近くの都営大江戸線延伸新駅予定地横。
10.jpg
補助230号線を渡ってしばらく一般道を歩き、しばらく行くと
右手名称不明な公園、左手豊渓小学校。
11.jpg
しばらく一般道の歩道だった水路跡はアポロ公園過ぎで右折、
再びペイント付きの遊歩道に。
12.jpg
なかなか変化に富んだ遊歩道を進むと笹目通りに突き当たり。
13.jpg
笹目通り側から今出てきた遊歩道、
出てきたところから右折してこれから渡る予定の歩道橋、
歩道橋上から今出てきた上流方向とこれから向かう光ヶ丘団地が見える下流方向。
14.jpg
歩道橋を下りて旭町児童遊園、区立旭町市民農園前を通って
15.jpg
途中水が枯れてしまっている遊水公園的な流れがあったり
如何にも水路跡っぽいくねくねカーブが多い道を進むと光ヶ丘団地。
田柄用水はこれより下流、今の光ヶ丘団地内を流れていましたが
団地造成の際に見事に痕跡が無くなってしまい
団地内に流れの痕跡を探すのは不可能らしいです。
という訳で今回はここまで、次回は団地を抜けて
痕跡が確認できるところまでワープして再開しようかと思います。
16.jpg
団地入口から今歩いてきた通りの出口部分。
恐らく次回で田柄用水踏破できるかなぁ、という予定です。
ただこの後は本当に大変そう。
田柄用水と並行に流れる田柄川というのがあって、
その田柄川から無数に枝葉に分かれる支流があって
正確に田柄用水を辿ることができるかどうか非常に不安。
次回はちゃんと下調べして歩こう。
次は月末かなぁ。。。。。
月末にこっちの方で用があるのでついでに歩こうかと思います。



「この地図にはレイヤが多すぎるためどうたらこうたら」で
今までの地図に書きこめなくなったので2枚目の地図突入です。
今回歩いたルートは2枚目の地図です。
18.jpg
今回の地図の空白部分、土支田農業公園付近に遊歩道があるんですが
地図には表示されず、赤線が補完部分です。

17.jpg
昨日はこの後ちょっと寄り道をしたりして11134歩の歩き。
さすがに帰りはバスを使いましたが
雨降りの中、何やってるんだろうね、この人は。(爆)
まあ、雨の日の方が人が少なく街中で写真撮りまくっても
怪しまれないので助かりますが。(^^

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(92)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

玉川上水を歩く・5(平和橋(拝島駅前)~羽村取水堰) [水路、暗渠を巡る]

玉川上水を歩く(小平監視所~桜橋(西武多摩湖線橋梁))
玉川上水を歩く・2(桜橋(西武多摩湖線橋梁)~境橋(境水衛所跡))
玉川上水を歩く・3(境橋(境水衛所跡)~浅間橋)
玉川上水を歩く・4(玉川上水駅~平和橋(拝島駅前))

10/8(日)、玉川上水散策の残り、
拝島駅から最上流部の羽村取水堰まで歩いてきました。
01.jpg
西武拝島線でスタート地点の拝島駅へ。
02.jpg
前回の中断地点、拝島駅前の横田基地への引き込み線がある平和橋。
ここからしばらく一般道を歩きます。
03.jpg
日光橋。
ここからは遊歩道になります。
04.jpg
日光橋公園沿いの緑豊かな遊歩道。
05.jpg
しばらく歩くとJR八高線の鉄橋。
06.jpg
そして水喰土公園の中へ。
07.jpg
水喰土公園を出てからしばらく一般道歩き。
五丁橋をチェックしてからJR青梅線の踏切を渡り見てみると奥に鉄橋。
08.jpg
山王橋。
09.jpg
福生橋。
10.jpg
愛称・ほたる橋の青梅橋。
ほたる通りの橋だから、という事みたいです。
そして遠くに使われてなさそうな橋発見。
近くまで行くことができずに残念。
11.jpg
牛浜橋。
12.jpg
かやと橋。
ここから奥多摩街道が流れに寄り添います。
13.jpg
熊野橋。
橋を越えてすぐに奥多摩街道を外れ狭い一方通行の道へ。
14.jpg
清巌院橋。
ここからまた奥多摩街道に復帰。
15.jpg
新橋。
16.jpg
宿橋。
すぐ上流に現役感が感じられる橋が。
でもしっかり柵に設置されている扉が施錠されていて
使われているのかどうかは不明。
17.jpg
宮本橋。
ここで奥多摩街道と別れて対岸の路地を歩きます。
18.jpg
加美上水橋。
道を挟んで玉川上水の反対側は福生加美上水公園。
19.jpg
公園内には富士山の見える丘の案内板が。
行ってみると遠見の筒??が。
覗いてみるとガスっていて肉眼でもカメラでも見ることができず。
「富士山が見えたら鐘を1回幸せをねがって」の鐘がありましたが
残念ながら鳴らすことができず。
20.jpg
新堀橋。
遊歩道には上水植物園の碑。
21.jpg
堂橋。
先へ進むと玉川上水と多摩川をまとめてオーバーパスする羽村大橋。
22.jpg
羽村大橋を超えると羽村導水ポンプ場。
いよいよゴールが近づいてきました。
23.jpg
羽村橋。
ここまで歩いてきたところは「都立羽村草花丘陵自然公園」というらしいです。
どこからがそうだったのか全くわかりませんでしたが。(^^;
24.jpg
羽村橋から上流へ歩くととうとう多摩川が見えてきました。
25.jpg
玉川上水工事の指導をした玉川兄弟の像。
26.jpg
そして羽村取水堰。
27.jpg
ようやく玉川上水の旅、完結です。
西武拝島線、玉川上水駅からまずは下流方向に歩き始め踏破、
前回上流に向かい今回最上流部を歩いて全5回に分けて何とか歩き切りました。
いやぁ、長かった。
そしてラストの今回が一番しんどかったですねぇ。
今まではほぼ全区間流れに沿って遊歩道が整備されていたのに
今回は流れに沿って歩くことがままならずあっちこっちへ迂回しつつ。
それでも最後に豪快な羽村取水堰を間近に見ることができたので大満足です。


地図で途切れているところ。
スタート直後は日光橋公園と水喰土公園沿いの遊歩道を、
ラスト近くの羽村導水ポンプ場の辺りは実際は道があるんですが
何故か地図には表示されず、
という事で空白区間はそのまままっすぐ歩いています。

で、せっかくこんなところまでやって来たのでこの散策、
おまけでまだしばらく続きます。
続編はまた後日、という事で。(^^

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(95)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

田柄用水を歩く(3) [水路、暗渠を巡る]

これまでの暗渠散策
1)大泉堀
2-1)新川編・その1
2-2)新川編・その2
2-3)新川編・その3
3-1)井草川遊歩道編・その1
3-2)井草川遊歩道編・その2
4)石神井公園周辺の水路敷散策
5)中沢用水編
6)金塚桜広場~二ヶ村緑道散策
7)大泉堀の支流筋を歩く
8)小柳遊歩道からニケ村緑道を歩く
9)「ふれあいのこみち」「やすらぎのこみち」(田無用水)散策
10)田柄用水を歩く(1)
11)田柄用水を歩く(2)

9/30(土)、田柄用水の暗渠散策の続きを歩いてきました。
今回はほぼ用水路の痕跡がなく住宅街の中の街歩き。
ある意味番外編的な散策。(^^;
という訳で今回はしっかりと下調べして歩かないと水路の痕跡を辿るのは不可能。
暗渠散策を始めてから初めてルートをチェックして地図をプリントアウトして
地図を見ながら歩きました。
01.jpg
スタートは前回の中断地点、田柄用水が素掘りの状態で残っている
富士街道沿いのけやき憩いの森から。
02.jpg
石神井公園(石神井松の風文化公園)、石神井警察署、石神井庁舎の
横を通って石神井一里塚のところまで富士街道をまっすぐ歩き、
ここで左折。
03.jpg
西武池袋線のガード下を通ってしばらく歩き、
歩行者しか通れないような細い路地を右折。
路面にある消えかけた水路敷の青いペイントがなければ
ここが水路跡だとはとても思えない路地をトコトコと。
04.jpg
光和公園のところを左折。
この道路が水路跡だとすると結構な川幅だなぁ、なんていう事を考えながら
歩いて大泉通りに突き当たりここを右折。
05.jpg
大泉通りを渡ってすぐに左折して住宅街の中をトコトコと。
06.jpg
住宅街の中を用水路跡にしては随分とクネクネ曲がりつつ
かなりしっかりと車止めが設置された久し振りに水路跡っぽい遊歩道。
07.jpg
中央に植え込みがある住宅街の中の短い遊歩道。
遊歩道出口には消えかかっている水路敷のペイント。
そして目の前には関越自動車道。
08.jpg
ぐるっと迂回して関越自動車道、目白通りを渡り田柄用水の続きを発見して
キリがいいので今回はここまで。
09.jpg
三軒寺交差点の歩道橋の上から関越自動車道練馬IC。
左手が田柄用水の上流側、右手が下流側。
今回歩いたエリアは小、中学生時代の通学路、遊び場近辺で楽勝、楽勝と思って
歩き始めましたが全く知らない街になっていました。(^^;
まあ、この辺をウロウロしていたのは3、40年前だし、そりゃ街並みも変わるわな。
10.jpg
おまけで近くにある大泉橋戸公園。
先週行った田んぼがある公園の光が丘・秋の陽公園
既に稲刈りが終わってしまっていましたが
こちらの田んぼがある公園はまだ稲刈りは行われていませんでした。
しっかりと頭が垂れた稲穂、秋だねぇ~。



今回歩いたのはⒸ~Ⓓ。
田柄用水の旅はまだまだ続きます。

<大泉橋戸公園>



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(102)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

玉川上水を歩く・4(玉川上水駅~平和橋(拝島駅前)) [水路、暗渠を巡る]

玉川上水を歩く(小平監視所~桜橋(西武多摩湖線橋梁))
玉川上水を歩く・2(桜橋(西武多摩湖線橋梁)~境橋(境水衛所跡))
玉川上水を歩く・3(境橋(境水衛所跡)~浅間橋)

9/9(土)、半年ぶりに玉川上水を歩いてきました。
前回まで3回に分けて西武拝島線・玉川上水駅から下流方向へは踏破したので
今回は上流の多摩川からの取水堰方向を目指します。
今回は所用ついでの散策なので制限時間があり玉川上水駅を出発してから
1時間半で行けるところまで、何とか拝島駅まで目指したいと思います。
01.jpg
スタート地点の玉川上水駅。
02.jpg
目標は1時間半で玉川上水駅ー拝島駅間を踏破。
無理そうだったら途中駅で離脱も。
03.jpg
玉川上水駅(清瀬院橋)~千手橋、千手小橋。
ここから先ずっとフェンス越しなのは残念ですが
下流域よりも水面が近くにありちょっと嬉しいですね。
04.jpg
05.jpg
千手橋(車道)千手小橋(木製の歩道)~宮の橋。
06.jpg
宮の橋~金毘羅橋。
07.jpg
金毘羅橋~見影橋。
金毘羅橋のすぐ上流に使われなくなった古い橋が。
途中もうすぐ咲きそうな曼殊沙華がありました。
そろそろシーズンですね。
そしてすぐそこに西武拝島線・武蔵砂川駅。
08.jpg
見影橋~新家橋。
鳥小屋、ちゃんと住み付いてるんでしょうかね?
09.jpg
新家橋~上水橋、すずかけ橋。
10.jpg
上水橋(車道)すずかけ橋(木製歩道)近辺(玉川上水ふせこし)。
上水橋、すずかけ橋は玉川上水にかかる橋ではなく交差して流れている
残堀川にかかる橋です。
そして玉川上水は「ふせこし」という技法によって
残堀川の下を通って流れているとか。
すげぇな。
11.jpg
上水橋、すずかけ橋~稲荷橋。
「ふせこし」突入前の玉川上水。
12.jpg
稲荷橋~新天王橋、天王橋。
稲荷橋からふせこしが見える下流側と上流側。
13.jpg
新天王橋、天王橋(天王橋交差点)~一番橋。
今回の散策で一番大きな交差点です。
14.jpg
一番橋~松中橋。
15.jpg
16.jpg
松中橋~美堀橋。
途中暗渠になり公園っぽく整備されているところを歩きます。
さて、ここで時計をチェックすると制限時間残り20分ほど。
目標の拝島駅まで大体2㎞ちょっと??
ここから一駅手前の西武立川駅はすぐそこ。
離脱するかどうするか・・・・・。
せっかくなので目標通り歩き切ってしまおう!!とここからはかなり急ぎ足で。
17.jpg
美堀橋~拝島上水橋。
また立ち入り禁止区域に古い橋が。
そして咲いている曼殊沙華発見!!
18.jpg
19.jpg
拝島上水橋~こはけ橋。
急いでいて途中ふたみ橋の写真撮り忘れました。(--;
ようやく拝島の名が出てきましたが拝島駅はまだまだ先。
頑張って歩きます。
ここで西武拝島線の橋梁、玉川上水はほぼ直進、
鉄道の方がぐるっと大きく弧を描く線形になっています。
20.jpg
21.jpg
こはけ橋~平和橋。
しばらく歩道風の遊歩道を歩いていましたがラストに来て土手風の
いい雰囲気の遊歩道、もっとゆっくりのんびり歩きたい雰囲気の道でしたが
予定の電車出発まであとわずか。
ラストスパートです。
そして無事拝島駅前の平和橋到着。
奥に見えるのは横田基地への引き込み線です。
22.jpg
拝島駅前の雰囲気。
ここで電車出発まで残り3分。
何とか間に合いました。
最後はバタバタせわしない散策になってしまいましたが
遊歩道自体は歩きやすく雰囲気も良く下流域から上流域まで
玉川上水全体よく整備されていますね。

さて、残すは多摩川の羽村の取水堰まで。
いつになるかわかりませんが、今年中に歩けるといいなぁ。。。。。

さて、この後拝島駅から電車に飛び乗り
この散策のスタート地点の玉川上水駅にUターン。
多摩都市モノレールに乗り継ぎ長男坊の高校の文化祭、
その後仕事の打ち合わせに向かうことになります。
予定が詰まっていたんで拝島駅で乗る予定の電車を遅らせるわけにもいかず
かなり焦りましたが、予定ありきのおまけの散策なんで仕方がありませんね。
どうにかこうにか目標通り踏破できてよかったです。



続きはこちら ↓
玉川上水を歩く・5(平和橋(拝島駅前)~羽村取水堰)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(97)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

石神井川の源流を目指し・・・・・でも結局上流端まで(^^; [水路、暗渠を巡る]

9/7(木)、3日前の苦行の筋肉痛が残る中、
筋肉をほぐすためのリハビリ散策に所用ついでに、散策に歩くことが多い
石神井川の源流を目指して歩いてきました。
01.jpg
どこからスタートしようか悩みましたが
普段歩くことが多い一番の上流部分、
東伏見稲荷神社をスタート地点としました。
02.jpg
石神井川は武蔵関公園からここまでの間、かなり長い遊歩道になっていますが
東伏見稲荷神社よりも上流部は河川敷自体無くなってしまい
いきなり大回りして流れを辿ることに。
とりあえず青梅街道に迂回、すぐに柳沢橋を見つけ上流の方を見ると
地下に潜って青梅街道を越しているようで、
こちらも近くの交差点で青梅街道を横断。
すぐに流れの続きが見つかりました。
03.jpg
スタート地点の東伏見稲荷神社以降、基本的に川沿いの道は少なく、
石神井川は住宅街の中を縫うように流れ
こちらは迂回しつつ彷徨いつつ流れを追っていきます。
04.jpg
蓮華橋のところで二手に分かれ、普段は広場になっている調整池がありました。
05.jpg
下流部はかなり盛り気味の復活した都会の清流っぽい雰囲気もありますが
この辺は生活排水も流れ込み泡立ってほとんどドブ川。
なんで下流域の方が見た目に良い水っぽいんだ??
06.jpg
途中川沿いに行ける、と思って行ってみたら児童館で行き止まりになっていたり
基本あっちへウロウロこっちへウロウロしながら・・・・・
06a.jpg
また二手に分かれているところに出て、ここもおそらく調整池の役割も
果たしていそうな向台運動場。
向台運動場を過ぎるとすぐに庚申橋。
07.jpg
庚申橋からはしばらく川沿いの一般道を歩けますが、
すぐに川沿いに行く道がなくなり、ここからこの日一番の放浪散策開始。(^^;
詳細は最後の地図へ。
08.jpg
散々彷徨って多摩湖自転車道という名のほとんど遊歩道のサイクリングロードに。
ここに土手状の道がありそこから石神井川を再発見。
右下の写真の奥に見える森は都立小金井公園です。
09.jpg
多摩湖自転車道から外れて鈴木街道の長久保橋から
今来た土手が見える下流側と小金井公園の森が見える上流側。
そして行き止まりの住宅地から撮った小金井公園方向の上流側。
10.jpg
小金井公園に入って公園の北端を通って石神井川沿いへ。
左上の写真が前の住宅街から撮った辺り。
途中石神井川とは全く関係のない全面アオコの酷い水の池があり、
そんな池の中にサギが1羽。。。。。
11.jpg
公園内を西の方へ進むと対岸に小平市内にある千代田区立のグラウンドがあり
しばらく行くと石神井川の上流端の表記。
お役所的にはここが石神井川の起点のようですが、
暗渠になってまだ上流があるようです。
12.jpg
蓋暗渠を少し進むと行き止まり。
石神井川は小金井カントリー倶楽部と嘉悦大学の間を流れ
地図を見ると小金井カントリー倶楽部の中に流れらしきものが確認できますが、
小金井カントリー倶楽部を出た後それらしき痕跡はほぼ無い、
というのがわかっていたので今回の散策はこれにて終了という事にします。
それにしても彷徨ったなぁ。
もっと簡単に終わる旅だと思っていたのに。(^^;
13.jpg
14.jpg
せっかくなので都立小金井公園内も少しだけ散策。
ここにも調整池としての広場がありました。
そしてこの頃から予報よりも早めに雨が降り出しましたが
雨にも負けず合羽を着て遊んでいる子供たちも何人か。
元気だなぁ。。。。。

今回歩いた”大体の””大雑把な”ルート


15.jpg
一番彷徨った辺りとマップでラインが引けなかったところの補完(赤線)。

16.jpg
今回の散策は28966歩、もうちょっとで3万歩。
7時半に家を出て帰ってきたら昼。
今までにないくらいのガッツリとした散策。
ん?酷い筋肉痛をほぐすためのリハビリ散策だったはずだがなんでこんなに??
でも翌日も順調に筋肉痛は引いていたので
やっぱり平地と山道じゃ使う筋肉が全然違うんだな、と妙に感心。(爆)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(98)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 水路、暗渠を巡る ブログトップ
メッセージを送る