So-net無料ブログ作成

釣り行きてぇなぁ~っ [釣り]

今年は山の方に小物釣りには何度か行っていますが
本業のヘラブナ釣りの方はすっかりご無沙汰。
記憶が正しければ一昨年の春以来行っていないと思います。
2年半。。。。。
小物釣りは装備が少なくリュックの片隅に釣り具を忍ばせて
山歩きついでとかでもできるんですがヘラブナ釣りは超重装備、
しかも足が自転車しかなく最寄りのポイントの荒川やびん沼まで片道1時間以上、
気合と根性と体力がある時でないとなかなか。
・・・・・齢はとりたくないねぇ、と・・・・・。





数年前の釣行時の動画を眺めつつ行きてぇなぁ、と思いは募るばかり。。。。。

トラウトの管釣りもプール管釣りすらやっぱり2年半ほど行っていません。
こちらは自転車で余裕で行くことができる程度の装備の量なので
行こうと思えばいつでも行けるんですがなかなかトラウトの気分にならず。。。。。



何とか秋のうちに何度かヘラブナ釣りに行きたいと思っている今日この頃。
とりあえず仕事頑張ろ。。。。。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(91)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

秋だねぇ~ [釣り]

01.jpg
02.jpg
03.jpg
今週、来週、プラス数日くらい超多忙期間中につき遠出禁止。
と言うわけで昨日の仕事の合間に息抜きに近所をブラブラ。
朝方はすっかり秋っぽくなり
暑がりの自分でも長袖シャツでちょうどいい感じになりました。
04.jpg
昨日の散歩の目的はここ。
05.jpg
ドングリとエゴノキの実。
用があるのはエゴノキの実の方。
この実の中にチシャムシという小さな虫が入っていて、
これがヤマベ、カワムツ、ハヤなんかの小物釣りのエサとして絶品。
昨秋はすっかり拾いに行くのを忘れてしまって
小物釣りに行く度に釣具屋にサシを買いに行っていましたが
これでエサ代は無料。(^^
06.jpg
下草が多過ぎて拾いにくく、時間もあまり無かったので少しだけキープして
下草が減ったらまた拾いに行きます。
07.jpg
この辺の曼殊沙華はそろそろ終わりかけています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(100)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

高麗川で小物釣り9/11 [釣り]

9/11(月)、1週間ぶりに高麗川へ小物釣りへ。
前回よりも電車で一駅上流、西武池袋線・東吾野駅下車です。
01.jpg
釣り場に向かう途中ラッピングのレッドアロー。
レッドアローまでラッピングしなくてもいいと思うけどねぇ。。。。。

竿:3.6、4.1、4.5の3way渓流竿の4.5m使い、小物用細身のウキ使用のエサ釣り
ハリ:ハエスレ4号 エサ:ハエ練り(チューブ入り)、紅サシ

02.jpg
この辺では自分的にベストポイント。
ただ今回はほとんど魚っ気がなく早々に退散。
03.jpg
この河原で行ける一番下流部。
急な流れ込みから広い空間に出て流れが複雑によじれて淵もあり・・・・・
若干めんどくさいポイントですが今回はここがプチ・パラダイスでした。
04.jpg
この辺でもう一つのよく釣れるポイントですがここも今回は魚が薄く・・・・・。
息子たちが小さい頃バーベキューで来て、
ちびっ子でも簡単に釣れるポイントなんですけどねぇ。
今回はいつもは魚がついているポイントは魚影が薄く、
他のところで結構釣れました。
05.jpg
この辺ではもう曼殊沙華がかなり咲いていました。
06.jpg
今回のアベレージサイズ。
この夏は小さいのが本当に多いですが、今回は輪をかけてこんなんばっかりでした。
今回は塩焼きサイズではなくちょっと小さめのから揚げサイズが欲しいんですが
こいつはから揚げどころかかき揚げサイズで即リリース。
07.jpg
から揚げサイズもボチボチ混ざりますがたまに来る程度。
08.jpg
今回はMAXでこのくらい。
で、やっぱりカワムツばかり。
今年中に1匹くらいヤマベが釣れるといいなぁ。
高麗川ではなくヤマベが釣れている他の川行こうかなぁ。。。。。
09.jpg
4時間ほどダラダラやって8割方かき揚げサイズで71匹。
10.jpg
一応キープ用にビクに入っていたのは14匹。
息子たちの晩のおかずにはちょうどいい量ですか??
11.jpg
帰りの東吾野駅。
雲が広がり風も強くなってきて
止め時としては抜群のタイミングだったようです。




にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(99)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

高麗川で小物釣り9/5 [釣り]

前日は苦行の山歩き。
朝起きたら全身、特に下半身、さらに特に膝が言う事を聞かずに
5分ほど布団の上でストレッチしてようやくトイレに行くことに成功。(^^;
調子よかったら2日連チャンで山歩きでも、と思っていましたがとても無理。
という訳であまり動かんのもよくなかろうと
ちょっと歩いてあとは立ちっぱなしの釣りに行くことに。
前日もちょっとだけやりましたがほんの1時間ほど、
今回はガッツリ釣り目的の外出です。
01.jpg
前日釣りをやったのは西武池袋線東吾野駅近く。
今回は一駅手前の武蔵横手駅最寄りの馴染みのポイントへ。
5月に何回か高麗川に行きましたが雨不足で超減水状態で
ポイントがことごとく壊滅していましたが今回はほぼフル満水状態、
川幅が2倍くらいになったような気がします。
写真の左側の岩場が定番の好ポイントなんですが
水が少ない時は靴のまま渡れるところ、
でも今回は水に入っていかなければならない・・・・・
他でやって釣れなかったらここでやる事にしてとりあえず他のポイントへ。
02.jpg
こんなところを通り過ぎ、
03.jpg
とりあえずこの河原のドン付きの場所から始めて釣り上がっていくことに。
結果から言うとこの辺が一番型が良く数も出ました。

竿:3.6、4.1、4.5の3way渓流竿の4.1m使い、小物用細身のウキ使用のエサ釣り
ハリ:ハエスレ4号 エサ:ハエ練り(チューブ入り)、紅サシ

エサはハエ練りの方が食いが良く、練りエサを使えるところはハエ練りで、
流れているところは紅サシを使いました。
04.jpg
ひと流し目からいきなりちびカワムツ。
前日はもっと小さなメダカサイズに苦しめられましたが
今回もアタリは有れどなかなか掛かって来ず、
やっぱり小さいのが多いようで若干苦戦気味。
05.jpg
06.jpg
でもたまに塩焼きサイズも混ざりそこそこ楽しめます。
07.jpg
トンボっていうのは怖がらないんだね。
何回竿を振ってもまたすぐに止まりに来るし。(^^
とてものんびりとした幸福な時が流れます。
足の筋肉痛、関節痛さえなければ。。。。。
08.jpg
釣り上って釣り下ってを繰り返し、3時間半ほどやって53匹。
全部カワムツ。
ヤマベどころかハヤすら釣れなくなっちゃったよ。。。。。
ヤマベやハヤばっかりだった子供の頃が懐かしい。。。。。
09.jpg
おみや用の塩焼きサイズ8匹お持ち帰り。
全部息子たちの腹の中へ納まりました。




にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(95)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

大高山~天覚山を歩いて最後にちょい釣り [釣り]

一昨日の9/4(月)、埼玉県飯能市の大高山と天覚山を歩いて、いや
登山してきました。(--;
最寄り駅は西武池袋線の終点、西武秩父線の起点駅の吾野駅。
駅に降り立ったのは8:15。
01.jpg
地下道を通って線路をくぐり駅の反対側にまわって吾野湧水。
水質検査は問題無しですが管理はしておらず飲むのは自己責任という事で
ほんのひと口だけ味見。
冷たいですが味は??
まあ普通に飲むことができる水だと思います。
02.jpg
湧水からすぐ、どう見ても墓地の敷地内だろう、というところに登山口。
8:20、登山開始です。
スタート早々ここは枯れた沢の跡か?獣道か??というくらい
なかなかワイルドな急坂をどんどん登っていきます。
少し歩くとこんなもんはほんの序の口だったことを思い知らされます。
03.jpg
尾根道らしい道はほとんどなくほとんどが急なアップダウンばかり。
しかも人がすれ違うのも苦労しそうな狭い所ばかり、
足場も木の根や岩場ばかりで真っ平らな綺麗な地面なんて稀。
スタート早々打ちのめされながら一度車道に出て道路を渡りまた登山道へ。
04.jpg
相変わらず足場が悪い登山道を頑張って歩き
ベンチがあるピークのところへ。
山頂か?と思いきや何の表示もないので山頂ではなさそう。
また歩き始めます。
05.jpg
いつまでも修行の旅は続き、木の根が長大な階段状になっているところを登ると
06.jpg
ようやく大高山山頂、9:13到着、ここまで1時間弱。
残念ながら眺望はほとんどなく、一方向だけ僅かに山々を望むことができます。
登ってきたら下るのが山登り、下半身へのダメージ必至の急坂を
おっかなびっくり下りて行きます。
07.jpg
わかりやすい矢印表示や
08.jpg
地元の人たちに愛されている山なんだなぁ、と実感できる
数々のお手製道標に癒されながら頑張って歩きます。
09.jpg
10.jpg
大高山山頂のところで書きましたが道中もほぼ100%眺望がきかず
ただひたすら木々の間の急勾配連続アップダウンの登山道を歩くという
ある意味精神肉体両面の修行がひたすら続きます。
11.jpg
いい加減下半身に来始めたころやっと天覚山山頂到着。
10:19着、ここまで大高山山頂から1時間少々。
こちらは眺望を楽しむことができます。
生憎の天気でガスっているのが残念でしたが。。。。。
これから予定では東吾野駅方面へ下山、
山頂にある道標の方へ行くと真逆へ降りてしまうので今登ってきた道を少し戻り、
12.jpg
手書きの小さな道標の東吾野駅の方へ進みます。
少し行くと広場的なところに出てそこで「尾根道コース」と「沢筋コース」に分岐。
下調べで沢筋の方はヤバい、という事がわかっていたので
迷うことなく尾根道の方へ。
普通の尾根道が現れて心底ほっとしました。
13.jpg
しかし、これまでの行程でこの山がそんなに甘いはずはなく、
どこが道だ?っていうところや、ロープ使わないと通れねぇの??
ってところ盛りだくさん。
もうお腹いっぱいです。
14.jpg
しかし、ようやく下界の匂いがするところへ。
ようやく今回の苦行も終了しそうです。
15.jpg
少し行くと今下りてきた尾根道ともう一方の沢筋の合流地点。
尾根道がこんなにしんどかったのに、ヤバいという噂の沢筋ってどんなんだ??
試してみたいとも思いませんが。(爆)
合流地点からほんの少し歩くと舗装路へ。
ようやく現実世界に戻ってきました。
そして東吾野駅到着は11:08。
全行程3時間弱の登山でした。
今回歩いた山はどちらも400m級の低山、しかし侮ることなかれ、
低山ハイクと思って甘く見ると痛い目に遭います。
ハイキングではなくちょっとした登山ですね。
距離は長くても有名どころの
高尾山~城山~景信山~陣馬山縦走の方が楽ですね、多分。
上のルート、若い頃にアマチュア無線の重装備背負って何回も歩きましたが
苦労した記憶1回もないし。
山頂には美味しいなめこ汁を出してくれる茶店もあったし。
それにしても今回はさすがに疲労困憊です。
そして天覧山~多峯主山~天覚山~大高山を飯能アルプスとして設定していますが
今回歩いた分を含めたこのルート、実はこの辺では完全な裏ルート、
表ルートは線路の反対側の右下の写真のスポットです。
おかげで人が少なく自分的には嬉しいですが。
今回も道中単独ハイカーの3人としかすれ違わなかったし。(^^
16.jpg
いい加減ヘトヘトなんで釣りはいいかなぁ、とも思いましたが
せっかくなんでほんの少しだけ、本当にちょい釣りを。
最初は駅近くの橋の下で竿を出しましたが全く無反応、10分ほどで諦めて
今まで行ったことがない上流の方へ。
お初の場所はアタリはあるもののなかなかかかって来ず「??」な感じ。
しばらくするとメダカサイズのカワムツの稚魚。
お前らがエサつついて遊んでるのか。。。。。
普通サイズのもいくつか釣って少し遊んだ後電車に乗って帰ってきました。
17.jpg
今回の山歩きは15902歩。
体感的には倍くらい歩いた感じですが。(^^;
そして筋肉痛、関節痛、2日経った今もまだ全く抜けていません。。。。。




にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(98)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る