So-net無料ブログ作成

暗渠散策(7)~大泉堀の支流筋を歩く [水路、暗渠、川を巡る]

これまでの暗渠散策
1)大泉堀
2-1)新川編・その1
2-2)新川編・その2
2-3)新川編・その3
3-1)井草川遊歩道編・その1
3-2)井草川遊歩道編・その2
4)石神井公園周辺の水路敷散策
5)中沢用水編
6)金塚桜広場~二ヶ村緑道散策

久し振りの暗渠ネタ。
とは言っても以前歩いたところの落穂拾い的な散策。
このブログで初めて暗渠ネタが出た時に歩いた大泉(だいせん)堀、
ここには何本か支流筋があってそれを知らんぷりしていたのが
引っ掛かっていたので昨日の朝歩いてきました。
01.jpg
まず1本目。
ちょっと調べてみましたが特に名前がついていない支流です。
02.jpg
本流は普通の蓋暗渠ですが、こちらはちょっとした遊歩道的な
お洒落な部類に入る暗渠ですかね。(^^
03.jpg
住宅街の中を数100m歩いたところで道路に出て辺りを歩いてみましたが
流れの痕跡は見当たらずこの支流はここが確認できる最上流のようです。
04.jpg
ぐるっと回って大泉堀の本流に戻ってお次の支流へ。
こちらはちゃんと名前がついていて宮ノ脇川というそうです。
05.jpg
工事中で立ち入り禁止と表示がありますが、奥の方を見てみると
途中崩落しているところがあるようで入って行けないみたいです。
仕方がないのでぐるっと迂回して上流を目指すと暗渠は
すぐに見つかりましたがそこは住宅街のど真ん中で続きが見当たらず。
流れの痕跡を探しながらまた彷徨います。
06.jpg
住宅が建ち並ぶ道路の反対側に突然暗渠出現。
ヤブコギしながら進むもすぐに行き止まり。
また迂回しながら彷徨っているとすぐに暗渠発見。
07.jpg
この暗渠は本当に難儀です。
完全封鎖されている訳ではなく、かと言って日常的に人々が
通っている訳でもなさそうで管理がすべてにおいて中途半端。
今まで訪れた暗渠の中では一番扱いずらい部類に入りますね。
話を今回の散策に戻すとこの区間はほんの数10mですぐに通りにぶち当たり
通りを渡るとアスファルト舗装された路地。
しかし少し行くと蓋暗渠の痕跡があったので宮ノ脇川の続きですね。
08.jpg
またすぐに道路に出て、
09.jpg
また流れが途切れて辺りをウロウロと。
しかし今度はどこにも流れの痕跡を発見することができずに
ここが確認できる最上流部のようです。

これにてずっと気になっていた歩き残しの大泉堀の支流筋の散策は終了。
昨日の朝は曇っていて涼しく久し振りに汗だくにならない爽やかな散策でした。
10.jpg
最後に最終地点近くで缶コーヒー片手に鉄道写真を撮って帰宅。(^^

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(89)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 89

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
mimimomo

おはようございます^^
面白いですね。昔の流れはどうなっていたのでしょう。
昨日は楽でしたね。と言っても調布まで行って雨になってがっかりでしたが、その分汗は出ませんでした^^
by mimimomo (2017-07-24 06:35) 

haru

昔の航空写真で確認はできるんですが
街並みが変わり過ぎていてよくわかりません。(^^;
昨日は久し振りに涼しくほっと一息つきました。
by haru (2017-07-24 08:30) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る